幼児教育としての英会話

国際化が進み、英語力が必要となっている現代社会。

小中学生の多くの習い事に「英会話」が入ってきていることも日本社会の国際化を象徴している1つの傾向であるように思います。

小学校高学年、及び中学生以降の英語は、文法主体の英語です。

従来使用してきた「日本語」とは異なる言語として学ぶため、文法主体になってしまうのです。

しかし、文法理解が出来ていたとしても、英語が使えるようになるわけではありません。

テストで点数を取るために英語を勉強しているだけでは、国際社会に通用しないのです。

 

そこで必要になのは、英語を自国語として使える状態になることです。

日本語があって英語があるのではなく、英語として使える状態を作ること。

このために、幼児教育としての英会話は非常に効果的なのです。

幼児の頃は、1つ1つ言葉を教えて、それを覚えて使っていくと言うよりは、

幼児自身が言葉を聞き、真似て使っていく中で言葉を使えるようになっていきます。

そこで、英語を取り入れることができれば、抵抗なく英語を使えるようになるのです。

もちろん、幼児教育としてだけでなく、大人になってからもこれは言えることです。

毎日英語に触れることで英語の耳に変えていくことができれば、英語を日本語に変換することなくスラスラと会話できるようになっていくでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です