算数・数学は圧倒的な計算力がポイント

数字に強くするためには基礎計算力が必要です。
小学校低学年で習う四則演算に加えて、分数や小数の計算も中学数学で対応するためには不可欠です。
特に分数や小数は小学生がつまづきやすい部分にもなるので、小学校中学年から高学年のうちに対応をしておきましょう。
学校では出来ていてもテストになるとできないや、とりあえずは出来ていてもしっくり来ていない子どもは非常に多いです。
算数や数学が苦手という子の多くは「文章問題が苦手」という理由を言いますが、文章問題が理由で算数や数学が苦手というよりも
計算力が足りておらず、文章問題を苦手になっているケースが多いです。
圧倒的な計算力は文章問題への取り組み意欲を上げる理由にもなるのです。
計算には自信があるという子の多くは、塾や学校の指導法により、文章問題にも対応できるようになります。
それは四則演算の意味をしっかりと理解していることと、式の作り方に特化した指導ができるからです。
式さえ立てられれば解くことができるという状況を作り出すことで、本人の意識も式立てに集中させることができるのです。
加えて、圧倒的な計算力があるということは算数・数学の基礎的な力も備えているということになるため、
指導によって大きく成長する可能性があるのです。
では、圧倒的な計算力を備えるためには何をすればいいのか。
そろばんや暗算ができることが圧倒的な計算力がある状態ではありません。
スピードだけを意識する必要なないのです。
大切なのはミスをしないことと、止まらない状態を作り上げることです。
個々の計算処理能力の上限は先天的な部分である程度決まっています。
そこをどこまで上限に近づけるかのトレーニングが必要になるのです。
そのためには、反復練習しかありません。
その単元の基本となる計算のすべてのパターンを、手を止めることなくスムーズに計算できる状態を目指して反復練習していきましょう。
教材を購入したら直接はやらず、必ずノートにやるようにして、繰り返し練習できるようにしましょう。
同じ問題をやっても答えを覚えているから意味がないと言われることもありますが、同じ問題を行うことで処理速度を上げるという観点もあるため、
決して無駄にはなりません。
むしろ、一定の計算力がついたら、同じ問題を繰り返し行い、脳と体にその処理速度を叩き込む必要があります。
時間を計って、10問1セットで、いける場合は20問1セットで行うようにしましょう。
これは、学校のテストの多くが、そのくらいの問題数で計算を出題してくるからです。
小学生の四則演算が苦手な場合はまずはそこから。
あとは小数の四則演算と分数の四則演算を徹底的に行いましょう。
中学生に上がった場合、中1であれば、四則、文字式の計算、方程式がメインとなるでしょう。
中2であれば、文字式の計算と連立方程式、中3であれば展開、因数分解、平方根、二次方程式です。
各単元ごとに徹底演習を行い、止まらずスラスラとできる状態を目指していきましょう。
その際も、解き方の手順を統一されている状態であると取り掛かりやすいと思います。
学校、塾での解法は実はどちらを使っても構わないのです。
子ども自身が1番やりやすい方法で行うようにしましょう。
そして保護者の方の役割は、その認知です。
頑張っていることを認めてあげて下さい。
やってないことをとがめるのではなく、やっていること、できるようになっていることに目を向けてあげてほしいです。
関心を持つことは子どものやる気につながりますし、ほめることは子どもの意欲向上にもつながります。
僕たち大人は、子どものやるべきことを示唆し、正しい方向へと進む道を作ってあげることだと思います。
だからこそ、算数・数学嫌いを払しょくするなら、圧倒的な計算力をつけることを目指していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です