速読の効果がすごかった!開始3ヶ月で実感!

速読のシステムを導入し、半信半疑の中で受講をスタート。

予想以上に速読に対するリアクションがよく、受講をしていただけるご家庭が塾生総数の約3割に登りました。

速読の授業を行っていると、

「前より早く読めるようになった」

「前より上がらなかった…」

と、表示されるデータに子どもたちは一喜一憂。

速読以外にもゲーム性を取り入れたコンテンツもあり、積極的に楽しく取り組んでくれる子たちばかりでした。

そんなこんなで受講開始3ヶ月で、受講前600文字程度だった塾生たちの読書速度はどんどん上がり、すごい子だと3000文字を突破!

正直、驚きましたね…

ほんとにちゃんと読めてるのかなって。笑

しかし、その効果は子どもたち自身も、授業を行う僕自身も体感するようになったのです。

テスト時に時間ギリギリだった子が、見直しをしても時間が余る!

文章問題を解くときに、理科が得意な子より早く解き終わる!

国語の入試問題を解く時間が3分の1に!

ちゃんと読んでないと思って「きちんと読みなさい!」と指導をしたらすでに読み終わってた(注意しちゃってごめんね…笑)

と、様々な部分で明らかな違いが生まれてきたのです!

結果、同程度の学力だった子を比べても速読を受講した子とそうでない子の学力上昇の差は歴然でした。

「速読ってすごい!」

と僕も子どもたちの効果を見て改めて実感しました。

という僕自身もすでに速読を受講しはじめて1年が経過…

読書速度はみるみる上昇し、今では2000文字にようやく到達しました。

ネットでの情報収集や、仕事で書類に目を通したり、問題文を読んだりするのに前ほど時間がかからなくなり、

昔はやりきれなかった仕事たち(残業して行っていました。笑)も業務時間内に終えることができるようになりました。

もちろん、僕自身の仕事のスピードが上がったこともありますが…笑

 

読む力。

簡単につく力ではありません。

小説が好きな子、本を昔から読んでる子、いっぱいいます。

それでも読書速度には限界があります。

先天的に持っている才能と、読書により身につけたスピード。

これには限界があるのです。

速読という科学的に裏付けされたシステムを利用し、理解力はそのままに純粋に読むスピードをあげる。

これだけで、やれることってかなり多くなると思います。

「速読」の認知度は、今、上昇途中でまだまだメジャーな習い事であるとは言えません。

そして、速読の受講だけで学力が伸びるわけでもありません。

しかし、速読というスキルを身につけることで、学力を伸ばすきっかけを与えることができるのです。

速読のコンテンツには、

・純粋に読むスピードと理解力をあげるプログラム

・脳の力をアップさせるコンテンツ(検索力や記憶力など)

の大きな2本の柱があります。

読む力を引き上げつつ、集中力、記憶力、検索力をも鍛えることができるって…

勉強以外の部分でもものすごく役に立ちますよね。

実際、うちの使ってるシステムは有名高校の野球部やプロのスポーツ選手も利用しているシステムで、口コミもすごいんです。

私ももう少し続けて、きちんとした読む力をつけたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です